フォトアルバム
Powered by Six Apart

2014年9月 4日 (木)

ついに、ついに、念願の150GS(VS4)の部品(Fブレーキ固定部)交換できましたhappy01。ベスパの修理について、いつもアドバイスをいただいているS氏に今回も助言いただき、交換できました。古い車両なので「焦らず、丁寧に」と思っているのですが、いつもあまり考えずに行動してしまい、後で後悔してしまいます。でもでも、今回はうまくいきました90点sign03工具も自作ですが、狙い通りに活躍してくれました。次は配線を引き直して早くうごかしたいですね。※プラハンは使っていません。

P1030704
P1030705

P1030731

P1030732

2014年8月30日 (土)

スプリントVで散歩


 

スプリントVが完成し、久しぶりの天気sun。秋を感じさせる爽やかだったので近くまで試運転がてら走ってきました。エンジンは問題なしok、ブレーキの大丈夫ok、マフラーの排気漏れもこの前直したのできっちり止まっていましたdash。ただ、ハンドルで振動が感じるのと、直線走行でフェンダーを見ると少し右に向いているような…やっぱFホーク交換しようかなー。左右の切れ角も違うし…よしflair、錆びは取ったので塗装して交換!誰か手伝ってくださ~い。

Img_2607

Img_2606

Img_2609

2013年5月25日 (土)

バラせるところはバラス!

分解作業に入ります。ボルト、ナット、ネジの類はまず外して、清掃、組立を行います。そのためには、現状把握・記録の工程が欠かせなく、最も良いアイテムが使わなくなったデジカメ(買い替え前の画素数低いカメラ)とメモで各所記録していきます。まずは、ハンドルスイッチ部分何ですが、ウインカースイッチ(左)はマイナスネジ固定ですが、ライト・キルスイッチ(右)はカバー部分を細かいマイナスドライバーでこじって外し、ベースプレートのマイナスネジを外すことで取り外せます。ホーン、テールライトも外します。ライト部分は下部のナットを緩めて全体を前に引き出す感じで外れます。ハンドル内部のワイヤー固定部ですが、グリスで汚いですね~。また、エンジン下部のシフトワイヤの引っかかるところ(プラスチックカバー外した内部)も汚いです。ここは今の段階では分解しませんが、この部分はピン(径が大きくなるピン、すりこ木みたいなピン)でくさびのようにピンで固定されています。外す道具は自転車チェーン切りが利用できるとか… 

P2030007_2P2030051_2P2030003_2

P2030018 P2030053

2013年5月17日 (金)

初めてのプチレストア Vespa50S編

P2030001_3

はじめてVespaを買ったのは50Sで数年前(写真のログでは2007)ヤフオクで買ったのが最初。 お金がなく、相場もわからずたしか35,000yenで買ったような記憶がある。ただ、近くの人だったので輸送費はほとんどかかっていない。写真のように結構ボロだったが、エンジン始動には問題がなかったので外装を直すことで、初めてのプチレストアとなった。クラッシュバーとかもついてあったが、外して、今まさに作業開始前。現在、スプリントと丸穴のET3がお化粧直しに病院postofficeに入っているので、過去の記録をアップしていきたいと思います。

2013年5月15日 (水)

はじめてブログ

はじめてブログを始めました。

特に書くことは・・・思いついたことを書いたり、大好きなVespaとAlfaromeoについて書いていければと思っています。

Vespaはスプリントベローチェ、ET3が2台、Alfaromeoはアイスホワイトの159TIを所有しています。

Vespaは素人レストアの記録も書いていきたいと思います。